お母さんとの関係

自分を大切にする

切なくなる出来事、心に刺さる言葉、相手の行動、怒りのスイッチを押されるなど

日々の生活で避けられないことがあります。

その一つ一つがあった時に、人は否定的な感情を感じたくないので、瞬時にフタをしてしまいます。

そこをフタをせずに、自分の気持ちを受け入れてみて下さい。

辛い気持ち、悲しい気持ち、怒りが湧き出る、妬み、どんな感情も悪いものはありません。

人間には4600種類の要素があり、色んな要素を皆持っています。

色んな感情があって当たり前のことなんですよね。

どんな感情でも受け入れる、心に居場所を作る。

『悲しいよね〜、悲しくなるよね〜』『辛いよね〜、辛いよね〜』

その気持ちは、間違ってないよ!と自分に言い聞かせて、自分で自分の心に寄り添いましょう。

自分を大切にする第一歩です

 

 

関連記事

  1. アイ、スケアー(こわいよ〜)
  2. あ〜勘違い、勘違い
  3. 触覚
  4. 傷つくのを避けるより〜
  5. 子どもの視界
  6. 感謝の気持ちを伝える
  7. 暴走ドライバー
  8. 食べたい、飲みたい

☆イベント&セミナー☆

PAGE TOP