トラウマ

遺伝子

最近の遺伝子研究では、祖父母の代のトラウマが三世代先の遺伝子の中に残ることが分かっています。

ネズミにある匂いを嗅がせて刺激を与えると

二世代目のねずみに同じ匂いを嗅がせた時に、ストレスを感じるそうです。

そして、その遺伝的な記憶は三世代まで続くそうです。

また、祖父母の時代に豊作を経験した家族は、2世代目、3世代目に肥満になりやすい、または心筋梗塞や糖尿などの病気になりやすいことも研究から分かってきているそうです。

ということは、私たちの生き方がいい意味でも悪い意味でも3世代先の子孫まで影響するということでもあります。

遺伝子は親から半分ずつもらいます。プラスになることは残して、ネガティブなものは自分の代で変えていくことが大切なのだと思います。

親が自己肯定感が低いと、子供も低くなります。

これもただのネガティブ信念なので自分の代で変えて、本来持っている才能を開花できるとそれが三世代まで続くのでしょう。

 

 

関連記事

  1. 先に責めるが勝ち???
  2. 足りない病
  3. ピンチをチャンスに
  4. 願いは形を変えて叶っている
  5. 幸せは日常に
  6. 自信がない時
  7. 食べたい、飲みたい
  8. 自信がない〜

☆イベント&セミナー☆

  • No Events
PAGE TOP