お母さんとの関係

ママのハグが世界を救う

トラウマの原因は、”悲しい”出来事がほとんどです。

0〜5才までは、泣いては世話をしてもらうことを繰り返して

また、愛情を注いでもらうことで

『この世は安全!』であることを脳に記憶していきます。

ですが、下に兄弟が産まれることで

大きなストレスがかかり

この時期に、”悲しい” トラウマができてしまうことが多いです。

『えっ?トラウマになるんじゃないかしら?』なんて

心配をしていますか?

大丈夫です!

そういう時には、ママがハグして気持ちを伝えてあげましょう。

『ママは、あなたのこともちゃんと見ているよ。赤ちゃんのお世話で忙しいけれど、ちゃんとあなたのことも愛しているよ』とね

コミニケーションがうまく取れていなければ、子供は何かしらのサインを出してきます。

大抵が怒りで表現してきます。

自分の思いをうまく表現できず苦しんでいますから

『嫉妬しているのかな?』

『悲しんでいるのかな?』

『寂しいのかな?』と声をかけてあげます。

ピンポーンの時には、泣き出したり、ケラケラ笑ったり、うなずいたり

そうか、そう思っていたんだねと寄り添います。

自分の気持ちを言語化する練習

そして、気持ちに寄り添うこと

最後はママのハグ!

この繰り返しです。

あとは、少しづつ我慢することを教えていけば大丈夫です。

 

関連記事

  1. バランスを大切に
  2. 心のシーソー
  3. 自分を大切にする
  4. 人の批判が出てくる時
  5. ママ大っ嫌い!の言葉に隠れている気持ち
  6. 先祖代々親のせい
  7. あ〜勘違い、勘違い
  8. ネガティブナビゲーター

☆イベント&セミナー☆

PAGE TOP