お母さんとの関係

あ〜勘違い、勘違い

子どもが問題行動を起こした時

そこには、分かって欲しい

本当の気持ちが隠れている

次男を保育園に迎えに行った時

いつもは、次男➡長男の順番に迎えに行くのですが

たまたま、その日は長男➡次男の順番でした

次男を迎えに行くなり

ものすごい目が怒っていて

『靴はく!はかない!抱っこして!抱っこヤダ!』

もうもう、それは大暴れでした。

参ったなぁと、暴れる次男を抱えて車に乗り込み

『いい加減にしなさい!』と怒ると

この世の終わりかと思うような大泣きでした。

泣きが少し落ち着いてきた頃

『保育園で嫌なことでもあったのかな?』

『ママに会えなくて寂しかったのかな?』

と思い当たることを、聞いていきます。

聞いても、次男はギャンギャン泣きまくりです。

まだ、言葉もうまく話せない子どもを相手に

こちらも参ってしまいます。

最後に、もしかしてと思い、こんな言葉をかけてみました。

『お兄ちゃんとママがずっと一緒に居たと思ったのかな?

お兄ちゃんは幼稚園に行ってたし、ママはお仕事だったよ!』

と話すとケラケラと笑い出しました。

ピンポーンの答えだったようです。

自分の勘違いであったと分かったトタン

さすがの2歳児でも恥ずかしいのでしょう。

ケラケラと笑い何事もなかったかのようにニコニコしだしました。

『そっか〜勘違いしちゃったんだね〜』

『今度は、お口で自分の気持ちを言えるようにしようね』

と話して、みんなで大笑いです。

自分の中にも、

次男の要素はあります。

『勘違い、勘違い、あ〜たくさんあったかも〜、

いろんな場面で思い込みで人を見てしまったことがたくさんあります』

恥ずかしいなぁ。。

子どもは母親の強靭な鏡です。

互いに心を育て合う

最高のパートナーです♪

 

 

 

 

関連記事

  1. 自信がない時
  2. 先祖代々親のせい
  3. 暴走ドライバー
  4. 悩みの解決には、仕事が一番の薬だ。
  5. 子どもの視界
  6. プライドが高い人
  7. 触覚
  8. こんなにしてあげたのに。。

メルマガ登録のご案内

お客様へ

諸事情によりブログの一部はメルマガ登録者限定で閲覧ができます。ご覧になりたい方は、こちらからメルマガ登録をしてください。ご理解の程、宜しくお願い致します。

☆イベント&セミナー☆

PAGE TOP